2005年05月14日

デビルマン

正義の為に戦う男「デビルマン」の実写版。
<満足度★★>

デビルマン
デビルマン


【 ネタバレあり 】

評判が悪いのは前々から知っていたけど
実際観てみて確かに納得。
1,800円出して映画館で観た人は怒るかも知れない。
でもでデビルマンファンにとっては
実写になっただけで嬉しい代物でした。

俳優たちの演技力の未熟さは、逆に漫画っぽくも感じ
子供の頃観た“特撮もの”を思い出して楽に観れました。
あの中でも酒井彩名の演技はなかなかですね。
飛鳥役の真顔での「ハッピーバースデー、デビルマン」には
思わず笑ってしまいます。

変身後のデビルマン、そしてCGアクションは
TVゲームみたいだけど、迫力があってカッコ良かったし
これが楽しみで最後まで見れました。
それにしても変身前の不動明との落差はすごい・・・。

富永愛のシレーヌが前半だけの登場だったのは少し残念。
後半にもう一仕事ぐらいしてもらいたかった。
それとも続編の可能性に備えて、という事なのでしょうか?

原作者永井豪さんの神父役はなかなか似合ってる。
的場浩二やKONISIKIなど隠れゲストも
たくさんいてデビルマンの人気のほどが伺えます。

物語も背骨は原作にほぼ忠実に守っていて
首だけの美紀や、世界中で戦争が始まり滅びの道を行くという
この展開は今の時代でもまだまだ衝撃的です。

原作を知らない人には勧められないけど
デビルマン好きならプロモーションビデオでも観るような
“ものは試しに”的な感覚で鑑賞するのも一興だと思います。
posted by はだし狼 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3635472

この記事へのトラックバック

デビルマン
Excerpt: これも、そういえば観てなかったなあ。という作品。 上映当時はポスターの宣伝がやけに印象的で記憶に残っている。 ストーリー デーモンに体を侵食されるものの、人間の心を失わなかった高校生・不動明が“デビル..
Weblog: GoGo Surf !!!
Tracked: 2005-05-17 00:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。