2005年03月14日

レディ・キラーズ

“教授”率いる犯罪集団が一人の老婦人に
翻弄されるクライム・コメディ映画。
コーエン兄弟初のリメイク作品。
<満足度★★☆>

レディ・キラーズ

「オー!ブラザー」の様に南部特有の気候や
ゴスペルなどの音楽が緩やかな雰囲気を醸しだし、
展開もそれに合わせて徐々にゆっくりと面白くなっていく。
中盤のハプニングからはコーエン兄弟らしい
独特の雰囲気も感じられます。

主演はトム・ハンクスで
個性が強いキャラクターたちの中でも
彼が演じる“教授”の笑い声は不気味だけど印象に残った。
こういう役は珍しいのでは。

後半の“将軍”の出来事は一番の見所。
それまでの“あれ”も伏線だったのが分かり
よく出来ているといった感じで面白い。

全体的にはコンパクトにまとまった印象を受ける。
1955年のイギリス映画の傑作「マダムと泥棒」が元ネタで
コーエン兄弟にとっては初めてのリメイク作品。
そのためブラック・コメディだけど
いつもの彼らの作品とは違った種類のもので、
薄味でよりストレートな“黒さ”を持っています。
そして物語も意外性とかよりは
完成度の高さ・バランスを楽しむ作品だと思う。

「バートン・フィンク」「ミラーズ・クロッシング 」
「ファーゴ 」「ビッグ・リボウスキ」「バーバー」など
異色作を次々と生み出し兄弟監督としては
最も人気があるジョエル&イーサン・コーエン。
リメイクだからなのか、この作品で初めてジョエルに
加えてイーサンも共同監督としてクレジットされています。

レディ・キラーズ
  
  
posted by はだし狼 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2405477

この記事へのトラックバック

映画『レディ・キラーズ』
Excerpt: 原題:The Ladykillers   ??1セントの完全犯罪?? 教授(トム・ハンクス)とその仲間が、地下金庫室のカジノの売上金を奪うブラックコメディだ。将軍(チー・マ)も..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2005-08-23 01:19

レディ・キラーズ
Excerpt:  某レンタル屋で、「サスペンス&ミステリー」の棚に並んでいたので、借りてみたのですが、見てビックリ{/ee_2/} もしかして、コメディですか〜{/eq_2/}{/roket/} どういう分類をしてる..
Weblog: Yuhiの読書日記+α
Tracked: 2006-06-17 01:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。