2005年02月05日

おすすめ映画7「ことの終わり」

文学的な恋愛映画から神秘的な映画へと
様変わりしていくニール・ジョーダン監督の傑作。
ミステリアスな雰囲気と美しい映像で
観る者を物語へと誘います。

・DVD「ことの終わり」
ことの終わり


舞台は1940年代のロンドン。
小説家のモーリス・ヘンドリックスは
2年前に突然別れを告げられた不倫相手のサラに
“第3の男”が存在する事を知る。
そして嫉妬に駆られて探偵に調査を依頼するが・・・。

主演はレイフ・ファインズとジュリアン・ムーア。
両者ともに恋愛・文学映画の常連です。
この2人が出ているだけで、物語の質の高さは
ある程度保障された感じはあるけど
これにニール・ジョーダンが加わったことにより
さらに作品は一筋縄ではいかないものに。

物語の“鍵”でもある人妻サラを
演じるジュリアン・ムーアは
艶やかながらも素晴らしい演技を披露。
彼女の深い愛は痛々しくて胸を打たれます。

主人公モーリスは好感のもてる性格では無いけど
それがこの作品には必要不可欠。
物語のラスト、彼は心の底の言葉を
容赦なく吐き出します。

監督は「クライング・ゲーム」のニール・ジョーダン。
アイルランド出身。画家の母親の影響もあり
小さい頃から絵を学んでいる。
原題は「The End of The Affair」。
1999年公開で、時間は101分。
この“ことの終わり”という邦題も
見事な表現だと思います。

・DVD「ことの終わり」

・公式サイト「ことの終わり」
posted by はだし狼 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(2) | おすすめ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ことの終わり
Excerpt: 《ことの終わり》 ー原題ー THE END OF THE AFFAIR 1999
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2005-02-11 22:49

ことの終わり
Excerpt: 男と女の愛し方を絶妙に表現している傑作! ことの終わり 何故か、R15指定?? ベットシーンがちょっと刺激的。 なんか不倫という表現よりも、婚外恋愛って表現したい。 かつ..
Weblog: M Style - makoto's blog
Tracked: 2005-02-27 00:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。